兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
ログイン 会員登録 会員登録とは
40〜50代の女性に多い更年期障害
40〜50代の女性に多い更年期障害
今後注目される株式の銘柄探しは投資の初歩といえます。
評価されていない有望株を発掘することは投資家にとって最大の楽しみの一つです。

株価の安い株は業績などがパッとせず将来性も厳しそう、といったケースがよくあります。
株価が割安で成長性のある銘柄を実際に探していると、意外に少ないものです。
その中で、注目なのがアベノミクスの象徴株はバイオ関連銘柄になると考えます。
医療分野は政府の後押しにより着実に成長しつつあります。
最近の話題から有望銘柄選定を紹介しましょう。

最近の話題で、40〜50代の女性に多く見られるのが、更年期障害です。
更年期障害の症状と思って軽視したり放置したりしていませんか?

「更年期症状」「更年期障害」と呼ばれるものですが、実は、更年期症状や更年期障害が本当に怖い理由は、生命に関わるような重篤な病気と密接な関係にあるからです。

女性は大きな病気のリスクを抱えており、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)、骨粗鬆症、尿漏れ、頻尿、糖尿病、子宮頸がん、子宮体がん、乳がん、うつ病などには特に注意が必要です。

その中でも閉経後、女性ホルモンが減少することで、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の値が上がりやすくなり、動脈硬化に繋がりやすくなります。

また、LDLコレステロールは少しずつ血管内に蓄積され、血管内の通路を細くします。
これが原因で将来的に心筋梗塞や脳梗塞に繋がるリスクを高めてしまいます。
「心筋梗塞」や「狭心症」をまとめて「虚血性心疾患」といいます。

更年期以降の女性の死亡原因を見てみると、第一位が「虚血性心疾患」、第二位が「脳血管疾患」となっています。
「虚血性心疾患」とは、心臓の血管が詰まって血液が流れにくくなる病気です。
血管が詰まることによって生じる病気には、
例えば、(1)糖尿病などによる動脈硬化が原因で足の動脈が閉塞し、血液がうまく届かず壊死して最終的には足を切断しなければならなくなる末梢性血管疾患(閉塞性動脈硬化症やバージャー病)、 (2)心臓の冠動脈の血液の流れが悪くなって起こる虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)等があります。

これらの病気に対する現在の治療法として、重症例に対しては薬物療法に加えてバルーンカテーテルによる血管内治療(カテーテルにより血管を通して動脈の再疎通を行う治療法)や外科的なバイパス手術が行われますが、それでも十分に回復しない場合もあります。

HGF遺伝子治療薬は、こうした他に治療法がない症例に対する治療薬として期待されています。

画像出典:アンジェスMG 注射によるHGF遺伝子治療 より

HGF遺伝子治療薬 - HGF(肝細胞増殖因子、hepatocyte growth factor)の遺伝子を患部に投与することにより血管の新生を促し、末梢性血管疾患(閉塞性動脈硬化症やバージャー病)や虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)の治療を行う。

HGF遺伝子治療薬を開発している注目企業は、アンジェスMG<4563>(東マ)です。
遺伝子医薬のグローバルリーダーを目指す創薬バイオベンチャーです。

アンジェスMGは、HGF遺伝子治療薬(重症虚血肢などの末梢性血管疾患分野、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患分野、および原発性リンパ浮腫分野)、NF-kBデコイオリゴ核酸医薬(アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患分野、椎間板性腰痛症などの腰痛疾患分野)を中心に開発を進めています。

また、導入開発品では、子宮頸部前がん治療ワクチン(CIN治療ワクチン)、がん治療薬、DNAワクチンを用いたエボラ出血熱抗血清製剤などの開発も進めていいます。

他にHGF遺伝子治療薬による効果が期待できる疾患としてリンパ浮腫があります。
リンパ浮腫とはリンパ管の障害によってリンパ流が停滞し発生する浮腫で、リンパ系そのものの先天的な障害(原発性リンパ浮腫)や乳がん手術のようなリンパ管に対する損傷(続発性リンパ浮腫)が原因で発生します。

現在の治療としては、滞留したリンパ液の流れをよくするためのマッサージや弾性着衣の着用等が行われていますが、治療を止めるとすぐに悪化してしまうため、 患者さんは生涯にわたり治療を続ける必要があり、根本的な治療法が存在しません。
HGF遺伝子治療薬は、リンパ管新生という新規の作用を有していることからリンパ浮腫の根本的な治療薬としても期待されています。

チャート出典:ストックウエザー株式会社


また、先進医療機関に最適な医療機器を手掛ける専門商社ウイン・パートナーズ<3183>も注目です。
特に、心筋梗塞や狭心症の低侵襲治療で用いるPCI(虚血性心疾患関連)やCRS(心臓律動管理関連)、CVS(心臓血管外科関連)など心疾患分野に強みを持っています。

チャート出典:ストックウエザー株式会社


医療器具大手の医療機器大手のテルモ<4543>。
心臓・血管分野に強み。カテーテルや人工心肺装置で世界高シェア。心臓・血管領域の高度医療機器が主力。海外売上高比率は6割超。海外向けカテーテルは伸長。
今期は主力のカテーテルを中心に販売が拡大する心臓血管部門の収益が拡大する見通しです。

チャート出典:ストックウエザー株式会社


以上が更年期障害の話題から関連する銘柄を紹介しました。

近年、医薬品や医療機器開発、再生医療などライフサイエンス分野は政府の成長戦略において成長産業に位置付けられるなど、益々その重要性を増してきています。

バイオは業界全体が伸びるのは確かでも、どの銘柄が勝ち抜くかを事前に予想するのはなかなか難しいものです。身近な話題から想定される銘柄選定も楽しくなるでしょう。

株式市場でもバイオセクターの中で成長期待が強く株価が相対的に出遅れているものを循環物色しようという動きが強まってきています。


特定商取引に関する表記 会員規約 プライバシーポリシー サイトポリシー お問い合わせ
免責事項
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、潟Aイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は潟Aイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。
利用推奨環境

【パソコン】
・OS
Windows:Windows Vista以降
Macintosh:Mac OS X 10.5以降
・ブラウザ
Windows:Internet Explorer 9.0以降、Firefox最新版、Google Chrome最新版、またはそれに相当するブラウザ。
Macintosh:Safari 5.0以降、またはそれに相当するブラウザ。
※JavaScriptの設定をオンにしてご利用ください。
※当サイトでは、「FLASH PLAYER」を使用しております。最新版はこちらからご利用ください。

ブラウザDL
【Internet Explorer】の最新バージョン(無料)を、左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
【Firefox】の最新バージョン(無料)を、左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
【Safari】の最新バージョン(無料)を、左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
【chrome】の最新バージョン(無料)を、左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
【Flash Player】このサイトの動画再生では、Adobe Flash Player(無料)が必要です。左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。

・OCNペイオンご利用上の注意についてはこちらをご覧ください。
・ご利用の際は、ブラウザのクッキー(Cookie)の設定をONにしてください。
・このコンテンツは、OCN会員であれば、今すぐにご利用になれます。
・OCNへの入会に関しては、OCN入会案内をご覧ください。
・コンテンツに関するお問い合わせは「Eimei.TV」サポートデスクまでお願いします。
・課金、登録/解約については、support@ocn.ad.jpへお問い合わせください。
(C)ilogos