兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
ログイン 会員登録 会員登録とは
強弱よりも運用を学べ


解説

■強弱よりも運用を学べ

相場の予想を研究するよりも、自己資金でいかに利益を上げるか、その運用技術を学べという意味です。

「強弱」とは株価の上げ下げのこと、「運用」とは投資手法のことです。

株価の上げ下げを気にするのではなく、自分の投資手法を磨きなさいということです。

明日は株価が上がるだろうか?下がるだろうか?ということばかり考えている人は、株価の目先の動きにつられて安易な投資をしていまい、結局もうかりません。

本当に儲けている人というのは、どうすれば安いときに買えて、どうすれば高いときに売れるのかを常に考えています。

相場は予想がつきにくいため、自分に合った運用方法を学ぶほうが有利であると言えます。