兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
ログイン 会員登録 会員登録とは
指標一覧
投資に役立つ指標をまとめています。
実際に投資をする際の1つの判断基準を身につけることが出来ます。
信用取引残高推移
信用取引残高とは信用取引で買建て・売建てをしたまま、まだ決済をしていない株数のことをいいます。未決済の買建て株数を「信用買い残」、未決済の売建て株数を「信用売り残」と言います。

騰落レシオ
市場の過熱感を判断する際に用いられるテクニカル指標の一種。騰落レシオには「5日騰落レシオ」と「25日騰落レシオ」があります。

日経225 PER・NT倍率
NT倍率は、日経平均株価(Nikkei225)を東証株価指数(TOPIX)で割って算出したもの(指標)をいう。本指標は、株式市場全体の動向(方向性)を把握する際に役立ち、また投資戦略を立てる際にも参考になる。一般に株価指数は、それぞれ算出方法が異なるため、指数構成銘柄の動きや局面によって独自の動きをすることがあり、指数の動きの違いから相場の流れを読み取ることができる。

投資家別主体別売買動向
東京証券取引所が3日発表した8月第4週(8月24〜28日)の投資部門別売買動向(東京・名古屋2市場、1、2部など)では、海外投資家は7070億4595万円の売り越しとなった。外国人の売り越しは3週連続。前週は4004億7011万円の売り越しだった。個人投資家は4277億660万円と3週連続の買い越しだった。信託銀行は2631億2260万円と2週ぶりの買い越しとなった。

外資系注文動向
寄り付き前に外資系証券会社の注文状況が発表される。非公式の情報ではありますが、この注文状況が買い越しか売り越しかによって、その日の相場の動きに影響がでることが多い。

TOPIXと日経平均株価の違い
値幅制限
売買単位集約